鍵をなくしたら早めに鍵屋に相談を

鍵の紛失・破損に気がついたら

街

家に帰り、さあ鍵を開けようというとき鍵がなかったり、もしくは壊したりしてしまったときは、鍵屋へ早急に対処をすることが重要となります。戸建てに住んでいるか、マンション・アパートに住んでいるかで対処方法が少し変わります。

住宅によって異なる対処法

賃貸マンション・アパートの場合
賃貸マンションやアパートに住んでいて鍵を紛失した場合、鍵屋を利用しなくとも管理者に頼めば鍵を開けてもらえることがあります。夜間の時間などは管理者と連絡が取れないケースが多いため、鍵屋に連絡すると良いでしょう。しかし、入られる入られないにかかわらず、鍵を紛失した場合は管理者に報告する義務があります。また、鍵の交換も前もって管理会社もしくは大家に報告しておかないと行なえないので注意しましょう。また、合鍵を作るときも物件によっては報告する義務があるため、合鍵を作る前に一度連絡し確認をとっておきましょう。
一般住宅の場合
一般住宅の場合、アパートやマンションのように連絡の必要はありませんが、自分で何もかも解決しなくてはなりません。落とした、もしくは壊れた場合は鍵を探すか、家族の誰かが帰ってくるのを待つしかありません。しかし、一人暮らしならば鍵屋に連絡して鍵を開けるというのも有効な手段です。大手の鍵屋は対応が早く、24時間営業のところが多いです。そのため、鍵屋に依頼するのが最も早い解決方法だといえます。

鍵修理以外に必要となる対処

鍵の紛失は修理以外にも行なうべきことがあります。ここでは防犯のプロでもある警察官のアドバイスを聞いてみましょう。

最寄りの交番に遺失届を出しましょう(警察官)

鍵を紛失した場合は、必ず交番に遺失届を提出しましょう。もし、鍵を落としたのではなく盗まれたのであれば非常に危険ですし、落とした場合も誰かが拾って届けてくれた場合みつかりやすくなります。また、電話でのやり取りよりも直接交番で手続きを行なったほうが親身な対応を取ってくれることが多いです。交番は落としたと思しき場所の周辺ではなく、最寄りの交番での手続きで問題ありません。また、空き巣に遭遇するかもという不安があるなら自宅まで同行してもらいましょう。

鍵交換や補助錠の増設も検討しましょう

もし、鍵を紛失して見つからずじまいならば、鍵交換や補助錠の増設も検討しましょう。鍵とは、自分だけが持っているからこそセキュリティの向上につながるものであり、悪意のある人の手に渡ったとき、セキュリティは一気にないも同然の状態になってしまいます。そのため、セキュリティ面を向上させるためにも鍵交換もしくは補助錠を取り付けてセキュリティを万全なものに戻しましょう。補助錠は鍵交換よりも安価に行なえるというメリットは有りますが、より安全な家にしたいのであれば鍵交換一択です。また、鍵交換と補助錠の取り付けを一緒に行なうという手段もあります。こちらはよりセキュリティ面を向上させることができるので十分選択肢に含まれます。

TOPボタン